赤帽栃木県軽自動車運送協同組合

組織概要

赤帽栃木県軽自動車運送協同組合について

 はてな  google  ヤフー  livedoor

組織概要

名称

赤帽栃木県軽自動車運送協同組合

認可番号

80東陸自2貨2第1044

設立

1980年7月24日

所 在 地

〒321-0924 栃木県宇都宮市下栗1-4-3
TEL:028-638-1919 FAX:028-638-1912

出資金

13,580,000円(2007年12月31日現在)

事業区域

栃木県全域

理 事 長

古澤 年男

役員

理事7名、監事2名

事業年度

自4月1日至3月31日

組合員数

310名(2007年12月31日現在)

車両台数

410台(2007年12月31日現在)

主な事業内容

貸しきり便(時間極、月極め、距離制、等)、引越し、宅配、等。

理事長挨拶

「地域密着」という利便性と、「全国組織」という機動力のメリットを活かし、常に企業の、消費者の多様な「ニーズ」に応える、これが私たちのコンセプトです。そのためには、常に時代を見つめ、企業を消費者を見つめ、地域貢献、社会貢献なども含めた広い視点で事業に取り組んでいます。「荷主さんの心を運ぶ赤帽車」-創業以来のポリシーを大切に多様な「ニーズ」にお応えします。

理事長:古澤 年男

沿革

1976年
7月
「任意組合・赤帽栃木県支部」を宇都宮市平出町4290番地に開設。
1977年
6月
原田守男が軽自動車運送業開業、県内「赤帽第1号車」を誕生させた。
1980年
7月
「赤帽栃木県軽自動車運送協同組合」法人格の組合として関東運輸局より設立
認可。「関運自貨2第1004号」
1983年
9月
栃木県中小企業団体中央会より「1983年モデル組合」として指定を受け
る。
1986年
8月
台風10号による「茂木町被災者救援活動」にボランティアとして参加協力、
マスコミ媒体で報じられる。
1988年
6月
栃木県中小企業団体中央会より「1988年モデル組合」として2度目の指定
を受ける。
1990年
7月
「赤帽小山配送センター」を小山市粟宮1215-1に移転。
1990年
8月
「創立10周年記念祝賀会」を宇都宮市・ホテルニューイタヤにおいて開催。
チャリティー・愛の献血運動を実施。
1990年
9月
栃木放送より、1時間番組「赤帽栃木10年の歩み」が放送される。交通遺児
に義援金を寄贈。
1991年
12月
「自動車運送取扱事業」登録、「関運自登第5517号」
1992年
4月
「赤帽栃木県本部」を宇都宮市下栗1-4-3に移転。
1996年
5月
栃木県知事より「優良組合」として表彰を受ける。
1997年
3月
栃木県央サミット、宇都宮市・真岡市・鹿沼市・今市市の4市並びに隣接する
12町との「災害時における緊急物資輸送協力協定」を締結。
1997年
10月
第49回全国中小企業団体中央会・全国大会において「優良組合」の表彰を受
ける。
1998年
3月
南那須町・烏山町・小川町・馬頭町の4町との「災害時における緊急物資輸送
協力協定」を締結。
2000年
6月
県民の日記念式典において「優良産業振興功労団体」として県知事表彰を受け
る。
2000年
7月
栃木県中小企業団体中央会より、「2000年モデル組合」として3度目の指
定を受ける。
2000年
8月
宇都宮市・ホテル東日本において「創立20周年記念祝賀会」を開催。チャリ
ティー・愛の献血等を実施、栃木テレビで放映、紹介される。
2001年
1月
ホームヘルパー養成講座開講、高齢・福祉事業に取り組む。
2003年
2月
全国赤帽ネットワークシステムを構築。
2003年
5月
原田守男・栃木県中小企業団体中央会理事に就任。
2003年
10月
中小企業協同組合法施行55周年及び組織に関する法律45周年記念式典にお
いて中小企業長官表彰を受賞する。
2004年
6月
原田守男・全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会副会長に就任。
2005年
5月
「創立25周年記念祝賀会」を宇都宮市・ホテルニューイタヤにおいて開催。
2006年
9月
宇都宮市と「防犯パトロール協定」を締結。俗名「ながらパトロール」
2007年
4月
栃木県との「災害時における緊急物資輸送協力協定」を締結。